厳格が流行りなのか?

昨今のインターネットニュースを見ていると、一昔前までは記事にもならなかったような事が沢山アップされて、そしてその多くが「そこまで大きく問題視するようなことでもない」と思うものばかりに思えます。 いや、正確には当事者にとっては一大事なのかも知れませんが、それは個別で解決すれば済む問題。私は昔に少しだけクレーム対応の仕事をしたことがあるのですが、その時の案件の方が、強盗とか人が死んでいるとか、よっぽど […]

価値はどうあれど

なんだか渋谷周辺のビルの建て直しが着々と進んでいるみたいですね。どれも光の取り入れ方を意識してか、ガラスを基調としたものばかり。最近の流行でもありますよね。 そうやって時代は進化するものではありますが、一斉に建て替えるとなると、全く別の街に様変わりです。渋谷はお隣の駅で通過駅のくせに、全く疎くて行っておりませんが。 さて、建築物はさておき、一番気になるのは「駅構内の案内音声」です。中国語の方が発音 […]

さくら

何だかニュースを見ていたら、内閣総理大臣が主催する「桜を見る会」に、後援者が複数人出席していることで、公選法違反の可能性もあるというものがあった。 招待状が送られる方は、独自の判断によって「功労者」に該当する方々らしい。ただ、この「独自」というのが極めて曖昧なのにも係わらず、その数に比例して税金を投入しているという公的行事。ちなみに来年度の概算は既に出されているもので、昨年よりも増額されているとい […]

引き受けたものの・・・

ランタン

某大学の宗教心理学の研究会で、何を血迷ったのか私に発表者としてオファーが・・・。 苦手なんですけどもねぇ~、しかも第一線でご活躍されておられる、そうそうたる顔ぶれに約4時間に渡り講演という、想像しただけでも逃げ出したくなりそうな状況。 っで「いつ頃に?」と伺うと、まだ分からないと仰る。ま、来年の話しである事は確定しているのですが、私もついつい「アドリブが好きなので直前でもいいですよ?」と、口からと […]

対策の対策

勝負

何かに対策を取って勝とうとすると、結局その対策に対策を取られてしまうのが世の常。だとしたら、対策の対策の対策を取れば良いのだが、この繰り返しの行き着くところは、極限のところでは結局2択になってしまうものです。 勝負ごとですからこれは仕方がない事ですが、負けの方が勝よりも根に持つ習性がありますし、痛みを伴います。つまり厳密には「2択」を選ぶときは、思考習性の観点から言って「2択だが勝つ確率が50%の […]

放射性物質

今日ニュースを読んでいたところ、名古屋の男性が放射性物質と爆発性のある劇物を所持していたとかで、逮捕されたというのがありました。 これ、前にも書いた事があるのですが、もう時効の話して、昔にパキスタン人のかたがウランの鉱石をお持ちで、頼んでもいないのに見せて頂いた事がありました。当然、高い放射線を発しているものです。 不気味に青光りしていたことを今でも覚えていますが、普通に手の上に「ポン」と。 「息 […]

またやってきた

今年も表参道のイルミネーションの準備が始まりました。これを見ると年末を意識せざるを得ません。11月なんてあっという間ですからね。ならば12月はもっとあっという間。 今日は気温が少し下がりましたので、加湿器を出動させました。と同時にインフルエンザとか風邪に注意をしなくてはなりません。感染予防対策として代表的なものは「加湿、うがい、手洗い、マスク」なんてよく聞きますが、宗教心理を色々と調べてみると「祈 […]

とりあえず Hilary Kole

ちょっとブログのボリュームが足りないので、なんとか見栄えがするまで更新をしまくります。 JAZZって結構入口が難しいところがあるじゃないですか。私も知っているようでほぼ知識なしで突っ込んだ分野でした。 でもまぁ絵画でいう「分野」みたいなものですから、結局自分が良ければそれが一番です。 っで、いきなりマニアックなレベルにまで入らずに、そして現代的に聞きやすく、歌声も尖っていなくて聞きやすい。更に、J […]

今度はIpodのバッテリーが

Ipodのバッテリー膨張

最近ではなかなかIpodを持ち歩く人が少なくなってきました。スマホのストレージを大きくすれば、それで済んでしまうからというのもあるのでしょう。 ただ、私の場合、オフィスで流す音楽で使っているので、スマホで音楽を再生してしまうと、通話着信だったり、メールやLINE、はたまたニュースの着信までご丁寧に音楽に入り込んでしまいます(当たり前ですがスマホのバッテリー消費もある)。 個人で自宅でIpodを使う […]

噴火

前々回の記事でご紹介したように、噴火と大雨の関係性は自然である以上は無関係ではありません。 っで、気になるのが先日噴火した「薩摩硫黄島」ですが、これもやはり前年度の九州のおける豪雨が無関係とは思えないんですよね。 教えて頂いた方の論理だと、この傾向は来年にも続くということになりますので、特に火山活動が活発な地域に行かれる場合は最大限の警戒を。 この自然信仰の日本で、自然に対して「まさか」は無いとい […]

1 14 15