適当にでも

なんか今月はコピー代だけでも8,000円くらい使っています。

国会図書館恐るべし。

基本、書籍の複写だと欲しいところだけなので、著作権の問題にはなりません。問題になるのは、2分の1以上のページをコピーすること。

そうなると、端的に書かれた私向きの論文なんかはコピーができないのです。

4ページの論文をコピーするのに、2ページまでです・・・。とか言われてしまうと、内容の半分が複写できないわけ。

なので、無駄にダラダラと書かれた最後の結論だけで良かったんじゃ?という論文の方が、こちらとしては助かる場合もあるのです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA