結局役立つ

こっちは本職の仕事の方ですが、プレゼン用の資料を作成中。↑コレは猫です

となると、積極的に図や動画などを活用したいのですが、犬や猫の解剖学の図があまりにも少ないこと。

っで、結局は再び国会図書館へ行かなくては・・・。

あるあるですけども、現場での実務仕事の方が楽〜。無いものを作り出したり書いたりするのは本当に大変。時々流れに乗ると最強モードに入るんですが、そういうのは滅多にありません。

まだ前件の研究発表の資料も出来上がっていないので、これまた同時進行というか。2月ってまだまだ先と思っていたら、あっという間に再来月。

心理系の発表の方は、基本お金を貰ってやっていないし、私は皆さんの様に大学の先生でもないわけですから、ボランティに近い感じ。私なりの社会貢献というか未来貢献。

現在の業界の着目点がおかしい点の修正と、閉塞感を打破して新しい視点の提案が目的。

その「何か」を活用して、新しい研究論文の足しにして頂けたり、もしかしたら将来、先生方が学生さんに伝えたくなるような内容にできたらいいな。

ま、なんでも一生懸命やるって大事です。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA