登録手続き

私も初めてなので、特許の手続きの流れがつかめなくて。

連日「おめでとう」という内容の連絡は来るものの、実際はまだ登録が完了していません。

どうも、特許査定通知が来た後、今度は「特許分割」の最終確認の工程に入ります。

ちなみに、特許を知っている方は「査定通知が来ました」と話すだけでわかるので、握手用の手を差し出してきます。

特許分割というのは、特許申請した時に、明細書という内容を提出していますが、この中で、今回認められたものの範囲外で、「これも他にマネされたら困るから認めて」ということで、取りこぼし部分について再度お伺いを立てる制度。

ただし、先に出した明細書という詳細文に書かれていないものは、後出しで付け足しができません。

これで、分割の希望を出せば、提出費用は勿論、審査費用や再度「だからこれも認めてください」という意見文書を作らなくてはなりません。

企業あたりだと、そもそも専門の部署があったりして、複数人でいろいろやれるのですが、私の場合、ただの一人でやってしまったので、分割締め切り期限まで、時間がなくて結構大変。

ま、今のところ、分割の希望はしない方向なのですが、やっぱり毎日暇な時間があると「まてよ、もしかしてアレを分割しておけば・・・」とか、想像に浸ってしまうわけです。

何せ、どんな権力者であっても、基本的に認められた特許請求権の範囲については、この日本においては私に全ての独占権が発生しますので、やっぱり慎重になってしまいますよね。

そこの答えを出して、弁理士さんへ成功報酬を支払って、政府へ登録手数料を収めると、ようやく政府が「あなたの特許を認めます」とする工程なのです。

永いんですよね、時間もそうだけど、お金もず~っと取られてばかりで。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA