人類史上待望だな

今日は夕食をご馳走になってしまった。

当人には確認したことはないのですが、ゼロイチ族(世に無いところから作り上げる)。

っで、ご飯を食べながら、あれやこれやと話していたら、絵に描いた餅のものが既に試験段階まで進めていた。

なんと、体温くらいの温度で発電ができてしまうという、人類史上待望の技術。

しかも、発電に伴う排出は全くなくて地球には無害。

これが進化すると、天文学的な数字になる。儲けの方ではなく、助かる命の数が。

やっぱり発想の格が違う。

「そんなことが出来るはずがない」「怪しい」とか言われそうですが、ゼロイチ族の使命みたいなもので褒め言葉。

資金がある人は、是非こういうものに投資して欲しいものだけど、どうも日本の資産家は、挑戦よりも保守。

立派な棺桶に入りたいようで・・・。

私なんて、もっと現実的なところでウロウロしているだけだな。

随分年上なんだけど、帰りに楽しかったよ〜またね〜って、なんか友達感覚なんですよね。

これって、やっぱり思想友達なんだろう。きっと。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA