ありそでなかった猫重計

教えてもらったのですが、これって結構優れものじゃないですか?

高さが若干増えるのでそこだけが問題ですが、スマホに自動でデーターが転送されてくるのは素晴らしい。

クラウドファンディングで1500万円くらい集まっていたみたいですが。

ちなみに、人間の便座ももう少し健康計測できる方向性に振った方が良いと思いますが、TOTOさんあたり、特許とか実用新案とか出されているのか調べてみようかな?

例えば、排尿や排便時って血圧に変動が起こるのですが、この脈拍振幅がどの程度の時間で戻るのかとか、それだけでも自律神経の活動状態を知ることができるんですけどもね。しかも動物と違って、皮膚が直接便座に接触するので、むしろ沢山調べることができる様な気が。。。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA