結構なラッシュ

「助けてください!」って電話が多いんですよ。ここのところ毎日。

あの~こちら、駆け込むタイプのお寺ではありませんので・・・・。

痛くて寝られないということで、病院に行ってレントゲンを撮って、特に異常はみられないってパターンが多いです。

この時期の筋骨格症状は、殆どが内臓由来のも(この時期のはまず心臓と腎臓の可動性を回復させれば8割解決します)。

そこを手技でなんとかしてあげないことには、痛くて寝られないというのはなかなか治りません。

同時に、皆さんそろそろ活動的になっていて、今週末、数百人くらい入るステージで演奏をしなくてはならないのに、胸くらいまでしか肩が痛くて挙がらないとか、ギックリ腰でトイレも行けないのに沖縄でゴルフだとか、コンサートへ行くのに足を少しでも上げたら痛くて動けないだとか、紅葉を見に登山しに行くけど、腰が痛くて椅子にも座れないとか、一体その体で行けるの?って感じ。

今週末ですよ??

「それまでに治して欲しくて・・・」って、強めの薬だって痛みが取れない症状なのに、私には時限を科す。残酷です。

まぁ、一応プロとして仕事をしていますから、痛みの取れる範囲内で何とかしますが「あ、痛くない!これなら行ける!」って。

自分で言うのも何ですが、薬でも痛みが全然取れないものを、手で即効的に改善させるって、これって結構凄いことですよ?(極論病院がダメなんですが)

わかってる?

過去に一番の無茶ぶりは、表参道でやっていた時に、大晦日の夜20時で「明治神宮に並んで徹夜で年越し初詣をしたい」という人が「歩きもできないギックリ腰」でいらして、年越しまでに治してくれと。

正気ですか?

一瞬で「帰ったら?お家へ・・」と言いたくなりましたけども、ま、仕事なんでね?やるしかないんですよ。

意外と簡単に痛みは8割くらいその場で取れたけど、10万円くらい請求したくなりますよね。

払えないなら他行って~とか言って。

疲れたから今日はさっさと寝よう・・・。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA