先人は詳しい

先日、新型コロナが流行して以来、お見えになられていなかったかたが、久しぶりに元気なお顔を拝見することができました。

ご年配で持病をお持ちのかたですから、自ずと行動を縮小されていたご様子。

当然、表参道だと思っていたらしく、場所のご説明(ネットはあまり使われないので郵送で地図のご案内を送った)から。

昔この辺(六本木4丁目)に友人がいて遊びに来ていたけど、メガネ屋をやっていたんだけど、あれ死んじゃったからな〜、と。

つい私は「そうするとメガネ屋さんはもう閉めてしまって?」と、このかたに御無礼なところから切り込んでしまいました。

すると「いやいや、銀座とかその辺に今も何店舗か残ってる」と仰る。極めてスケールのデカイかたなのに、私の聞き方が悪かった。

昔の東京の話って結構勉強になるんですよね。なにせ当時はネット社会ではなかったので、知識が深いし頭によく入っておられる。

ちなみに、私がまだ恵比寿でやっていた時からのかたで、あの時は「あそこの朝倉いるだろ?死んじゃったけども。たまに会って、おーどうしてんだって言ってたけども。」と。80歳を過ぎると、ご友人が亡くなられるって話は多いんですね。

ちなみに「あそこの朝倉」って、代官山の旧朝倉邸のことです。今は重要文化財として一般開放されています。私もかろうじて話について行けますが、「知りません」っていう答えが一番の失礼なんですよね。

昔は大地主同士で仲が良かったみたい。

そして、知識が深い人や、よく物事を知っている人同士が仲良くなる。

だから、土地の話をしたら、昔のことをよくご存知。

不覚にも、私がほぼ毎日通っている神谷町の麻布台、これ、知らなかったんですよね〜。

あそこにはロシア大使館があるんですよ。っで、このかたに「あの裏のアメリカンクラブってまだあるの?」と聞かれて、あることは知っていた。しかし、なんであの場所にあるのかまでは、これだけ日々通過をしていて私は考えなかったんです。

馬鹿ですよね〜。

私が「意味があってあそこに昔からあるんですか?」と伺うと、「ロシア大使館の中が上から見えて、監視目的であえてあそこにある」とのこと。

平和ボケってこういうところなんでしょうね。

今は覗かれたところで・・・って感じですけども、昔はネットも軍事用にしかなかったし。

前に一度、ロシア大使館前を自転車で通ったら、立っている警察官に「逆走ですよ!」と注意されたことがありますが、結構厳重なんですよね。

私、本気でこの注意してきた警官に、伺ってみようかと思ったことがあって、自転車の逆走は以前から皆さん普通なんですよね。注意されたのは見たことがない。法の適応は平等なことが大前提で、その前の注意をする人の選別は気分でやって良いのかどうかってね。

私は恥ずかしがり屋なので、毎日逆走していたら、あちらから声を掛けてくれるかな?と思ったり。

しかしあれ以来声を掛けてくれないんですよ、逆走しているのに。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA