誰か住んでいますか?

かれこれ引っ越してから2ヶ月くらい経ったのですが、今日になって驚くべきことに気が付きました。

「私の住む階の住人と廊下(エレベーター待ちを含む)で一度も会っていない」

ということに。

ゴミからして住んでいることは確かなんですよ。ただ、管理が優秀過ぎて、ゴミをすぐに持って行ってくださるので、どれくらいの住人が同じ階にいるのか、感覚的に不明。

勿論ロビーでは出くわしますが、例えば1階からのエレベーターで同じ階に降りた人もなし。

何かドッキリにはめられている気分。

ただ、物音は聞こえるんですよ。

恥ずかしがり屋さんのマンションなの?

もしくは人に会いたくないとか・・・。

毎日通勤をしていると、帰りの食材を買う場所によって、結構帰宅ルートって変わるんですよね。

銀座側へ降るか、虎ノ門側へ降りるか、または場合によっては広尾側へ降りるのか。

六本木は意外と都内では標高は高く、青山、表参道とほぼ同じくらい。

なので、六本木からだと青山一丁目側以外は、基本的に降るルート(逆に向かう場合は登りルート)になるわけです。

そうなると、毎日同じルートを通過するのはつまらないので、毎回違うルートを通ったりします。

意外と知らない物件とか、新発見ってあるものなんです。

例えば、三田の慶応キャンパスの裏の綱町とか、虎ノ門とか、縁が無いと行かないじゃないですか?

散歩がてらに通ってみると、「やばいマンション」が結構あるんです。

一見不便そうだからという理由で却下してきた場所なんですけども、実際は賃料で無理な場所。

何度か通ってみると「確かにこの場所で高額な賃料の理由は分かる」と気が付き始めます。

物件フェチとしては、ここら辺を知らなかったのは本当に恥ずかしい限りなんですが、いわゆる高級住宅街として知られているところって、意外と最上級ではなかったりします。

東京という場所は、歴史的に古地図を見れば、おおよその価値というのが分かって面白い場所なんですが、例外は海岸エリアの埋め立て地域なんですよね。

土地というか、物件で価値を見出しているわけなのですが、ここのところ、湾岸エリアの物件価値は急騰中。

私のジョギングエリアの竹芝なんかは、調べたら結構面白い。

今は竹芝から八丈島、新島、神津島、大島などへフェリーが就航していますが、それもそのはず「昔はこの近辺からこれらの島へ島流しをしていた」という真実。

つまり、重罪や信仰の問題によって、二度と帰ってこられない島へ流してしまうという刑。

唯一、八丈島は帰る余地のある方々の島流し場所であったようですが、興味深いことに「金杉橋(渋谷駅の下を通過して、恵比寿、天現寺を通る渋谷川の最終橋で浜松町にある)」に屋形船が停泊していますが、ここから当時は島流しを行っていたそうです。

そして今も船を業とする方々が残っているというのは興味深い。

東京って知らないことばかりなんですが、いまだにその過去の残存が残っている東京って面白いですよね。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA