今度の警戒

地震。

今度の気圧配置は日本海寄りかな?

ま、この大荒れ天気では、どこで起こっても不思議はないですが。

全然お題と関係ないのですが、ようやく宗教心理において、トルコとの共同研究の意味を理解しました。

これまで「ユダヤ、キリスト教文脈からの脱構築」という目標が掲げられていましたが、今日、直接研究リーダーの先生とお話をして、つまりは「正義という概念を壊す」というのが上記の意味になるそうです。

成る程、私は生きている価値すら問うてしまうくらいに出来の悪い人間なので、理解度が浅かったみたい。

まるで軽く高尾山に登る程度で誘いを受けて「いいよ〜」と待ち合わせ場所へ行ってみたら、あっちのマッターホルンとこっちのエベレスト、どっちにする?と聞かれているような感じ。

日本語的に「正義」って言葉をあまり使わないですよね?

他宗教が入り混じる場面が少ないからかも知れませんが、聖書なんかも日本語に変換しにくいと伺いました。

正義は分断を生み、分断は極限の状態に行き着くと正義の戦争になる。

つまりは正義の概念を壊すことでこれを無くすという、かなり壮大なプランに取り掛かるというのが本筋。

な〜んかデカすぎて、ちょっと私なんかがメンバーに係っていたら、逆に戦争になっちゃうんじゃなの?という冗談も。

ともなれば、今更ながらに私の中で、一つの疑問が湧いてきたので先生に伺ってみました。

「ソレってタブーっていうか、かなり反対の声とか、批判を受けたりしませんか?」と。

「あります、あります」ですって!

この先生、かなり温厚な方なんですが、性格に見合わず結構行っちゃってる人でした。

ま、そこまで行っちゃっていないと、私も本腰を入れて力を貸しませんけども、何だかようやく自分の所属している立ち位置を理解しました。

なんで私なんかが呼ばれたのかな?と今でも疑問ですが、気に入った。

どうもこれからヤバいことをやるみたいです(笑)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA