もはや遠い思い出

この時期になると、夏らしい飲料水として「グァバジュース」が売り出されます。

これを見ると思い出すのが、ハワイで連日缶詰め状態で解剖実習に励んでいた学生時代。

そしてホテルで同室だった友人と、その時に毎日飲んでいたのがこのグァバジュース。全く同じやつなんですよね。

カネも無いし、優雅にサンセットビーチでステーキなんて出来ませんでしたし、当時は学費の借金が2校分ありました。ですから、毎日へんてこりんな当たりの少ないスーパー弁当かサンドイッチ。

7割は一口食べて「ん~~・・」となっていました。

どうなってんだアメリカ人の味覚は!と。

当時はホノルルにはダイエーがあったんですよね。それがドン・キホーテになったらしいですが。

当時は自分が学びたいことを探求し、そしてご飯まで食べられるだけで十分幸せだった。

こういう味って結構思い出に残っているんですよね。

っで、このグァバジュースは中でも一番美味しかった。

ただ、どうしてもハワイ=ホルマリンの臭いという記憶がセットで沸き上がってきて、一生ヴァカンスでは行くところではないものとなってしまいましたが。

どうしてるかな?当時のみんなは。きっと私以外は優秀な人たちばかりだったので、今や私が最も出来損ないかも知れません。

何せ私、努力が基本的に足りない人間なのもので。

そんな事を思い出しながら、つい買ってしまったグァバジュースを飲んでいました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA