とうきょうたわー

なんだか毎日東京タワーの所を通って通勤をしていると、必ず数人はスマホで写真を撮っている人を見かけます。

本人が満足ならそれで良いのですが、写真って絵と同じく基本3Dメガネでも装着しないと平面ですから、目で見えているよりも対比が無いと、スケール感って浮かばないんですよね。

つまりは、東京タワーしか写っていないような構図って、後から見ても情景が全く伝わらないただの絵に。

脊髄反射的にとりあえずスマホで撮っておく程度なら良いのですが、フィルム時代みたいに費用がかかるとしたなら、まず無駄な写真になります。

私が一番東京タワーのビューで好きなところは六本木。

そこから麻布台側に向かう位置。

昼間はそうでもないのですが、夕日から日没にかけて、六本木の街並みにネオンが点灯し始めますので、日常の街の中に東京タワーが入り込む。

そういう、東京タワーだけではない東京タワーの見え方が好きです。

これで20時前の六本木です。

土曜日なんですけども、なんとも寂しい街に・・・。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA