今回も

前々から言っている様に、やっぱり当たっていると思うんだけどな、地震と低気圧の接近の関係性。

私、気象学者でも地震学者でもないから、そろそろ誰か研究して欲しいものですが。

昨日はこんな感じの急激な高気圧でした。

いつも同じパターンなのですが、体を壊す人が多いので、私はこういうタイミングを注視しているだけ。

どうですかね?先日から何だか背中の肩甲骨の内側あたりが痛いとか、ちょっと首が寝違えた様な時に近い痛みがあったりとか、治った腰痛がまた出てきたとか、そういう人いませんか?

それらと地震は同じ時期に起こる様になっています。

盲点は、天気が悪くなる前。つまり、天気が良い時に起こる始め、そして適応能力が高い(体が元気)状態にある人は、真っ只中はもう治っている。

だから関係性が見つかりづらい。

晴れて天気が良いと外に出たくなるとよく言いますが、多少でも動くことによって、体は運動にはなりますから、身体の症状は軽くなる傾向にあります。

これらを見ていると、やはり人間は自然の一部であって、地球の一部であって、宇宙の一部であるということに、物凄く納得が行きます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA