ゆるく動けるとゆとりになる

今日はニュースを見ていたら「お台場」が閑散として、ゴーストタウンになっているとやっていた。

確かに、休業指定を一律商業施設の面積で括られたら、それを売りにしている面積の広い地域は全滅になる。そしてもっと可哀想なのは小さなお店。

もともとそれらの大規模施設が人を集めるわけで、例え休業要請対象外であっても、特にこのお台場の様な島では営業したところで人など来ない。

悲惨です。

東京は場所により環境が全く異なりますが、協力金なども一律で括るのは可哀想。

例えば、私のオフィスの近くだと、六本木はまだ人は多少はいるけども、土日祝となると六本木一丁目や溜池山王、永田町は人は居ない。

ここにある店舗はオフィス人口によって支えられている店舗が殆ど。

人流コントロールでテレワークの徹底なんて政府は言いますが、オフィスエリアで店舗を構えている人は、これは致命的なんですよね。元からそれを目的に店舗投資を行っているわけですから。

内心、営業妨害だろと思っている人も多いはず。

ただ、お台場のニュースを見て思ったのが、「これはお台場もありかも」と。

店舗ではないですよ。住居。

このコロナ騒動はおそらくまだ年単位で掛かります。

そうすると、年単位はお台場なんてところは人がいっぱいにならない。コロナ前なんて外国人需要ばかりでしたからね。

よって、完璧なコロナ対策優良地域であり、悲惨な店舗も多少は潤う。

好きな時間に思いっきりマスクなしでランニングや散歩が出来るし、カフェも余裕で座れる。

りんかい線はともかくゆりかもめは混まない。

車の渋滞なんて無縁なところだし、羽田空港もタクシーで楽々。

お店が大変だという現象があるのなら、その逆にソーシャルディスタンスだらけという事なんですよね。

一方でお店の方は、住宅が多い地域が元からテナント代が安くて良いと思います(もちろん業種によるが)。

武蔵小杉なんて、タワマンで住民が多いから、平日の昼間でもビックリするくらい人がいます。テレワークなんでしょうね。

ま、自前の物件を所有しているかたは身軽に移転とはいきませんが、テナント、賃貸の場合は、社会の状況に逆らわずに動いてみるのもありかも知れませんよ。

ちなみに、私も表参道から六本木へ移動して、遥かに六本木の方が多くの部分で楽ですね。これは当初、反対の結果を想像していましたから、人生なんてそんなものです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA