跡地

オフィス裏の空き地です。

高い鉄の壁で覆われているので、隣接物件しか覗き見ることができません。

本来は外資系のホテルがさっさと建設される予定だったみたいですが、工事前調査でイロイロと出てきてしまったとのこと。

その後の発掘調査も進んでいるのかいないのか、ここのところは変化なし・・・。

古地図で見ると、江戸時代には確かにお寺と屋敷の跡地になっています。

神社なんかはそのまま残っているのが多いですから、古地図の目標になるんですよね。

道路も昔のまま使われているところが多くて、東京ミッドタウン周辺なんかも分かりやすい。ちなみに六本木ヒルズのところは「毛利庭園」があるだけあって、毛利甲斐守邸跡(もうりかいのかみていあと)のところに出来ています。長府藩ですので山口県ですかね。

ちなみに私の今のオフィスがあるところは、内藤能登守(延岡藩中屋敷)だったようで、延岡藩は宮崎です。

ご承知の通り、東京の基礎は徳川家康によって作られていますが、そう考えると「日本中から来てみました」っていうのが東京。現在の六本木の縮図とよく似ています。

そういえば、また東京は緊急事態を宣言するのですか?これが江戸時代だったら、当時の民はどういう動きをしたのかな?と想像してみたら、きっと屋敷の人たちはウーバーと同じ様に食べ物を個別で運んでもらったり、現状の情報を入手するのに質を求めたりと、結局形は違えど同じことをやっていた様に思います。

昨今では格差社会と言われていますが、本当にそうなのかな?と疑問に思う時もあります。

だって昔と違って現代では、大名藩主でなくても常識外の部分に着目して頑張れば、土地だって買い占められるし、自分だって格差の上には行けるんです。昔は努力でなんとかなるレベルではなかったのだし。

一番の問題は、常識的な学生生活を過ごし、サラリー年収の平均だの、給与の良いというレベルがある程度暗黙で決まって教育をされ、洗脳されている所です。

何で世の中に時給10万円とかどんどん出さないんですかね?あったとしても、批判的に捉えられるんですよね、日本って国は。

私は逆だと思うんです。一日80万円、週休2日で月給1,7000万円をあげても良いという仕事を想像してこなかった方に問題があると思います。

先日、世界からハッカー攻撃を守る人の記事を読みましたけども、無理ですよね〜常識的給与で雇っていては。

蛇の道は蛇で、いわゆる悪い人を使って技術を引き継がせて頂いた方がよっぽど優秀になる。問題は、悪い人の手綱を握れる能力と魅力がないだけなのですがね。日本社会は特に悪い人は悪でしかないという価値観ですから。

私は善人ぶっている人の方が、よっぽど無能力者だと思いますけどもね。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA