売り切れ

人気が無かったのか、はたまた最初から製造個数を区切っていたのかは不明ですが、↓コイツの幼馴染の「くまのぬいぐるみ」が製造が終了とのこと。

拾ってから、動物病院で約一ヶ月程入院していたので、その時に動物病院のスタッフの方が「淋しくない様に」とのことで、一緒にケージに入れてくれたものです。

退院の時に随分気に入っているからというのでお土産に頂きましたが、これが今でも一番の仲良し。

色々と破れてしまい、ツギハギ状態なので、このまま壊れて無くなってしまったら可哀想。

という事で、ネットでもどんどん売り切れて来ましたので、これを駆け込みで2匹購入。

動物病院から頂いた今の使用中の物は、取っておきたいじゃないですか。

当時、近所の動物病院へ連れて行ったら、提携のネコ専門病院へ輸送して入院となり、遥か遠い武蔵小杉(←もはや東京都ではない)の病院へ搬送。そこの病院で頂きました。

お見舞いの時に、武蔵小杉のショッピングモールをぶらぶらしていたら、雑貨屋さんで同じものを見つけたのですが、きっと獣看護師さんがお気遣いくださって、自腹?で買ってくれたのだと思います。

意外としっかりしていて、こんなのでもお値段1匹3,980円!!

検査の後とかケージに帰ったら、とりあえず後ろ足キックの標的にしていましたからね。

結構人間でも人形に愛着を持つ時期ってありませんでしたか?

私は、小学4年生くらいまで、お気に入りの動物の人形が手放せませんでした。どこに行くにも連れて行きたい。

「男の子で?」と言われることもありますが、男でも女でも、計算してそうだったわけじゃないので、理屈なんてないですもん。

ただ、今考えると、かなり精神的な支えになっていたのだと思います。

そしてきっと、それはコイツにとっても同じかな?と。。。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA