探しもの

何だか最近少し息苦しさを感じていました。

苦しいと言っても、呼吸の方ではなくて、精神の方で。

一体自分には何ができるのか(このコロナ禍で)とか、この先どうしようかとか、これら私だけではなく、多くの人が思っていることかも知れません。

そこで、この間、衝動的に自分が東京に出てきたばかりに住んでいた、安いボロ屋のアパートに行ってきました。周囲のお店はもちろん、大好きだった桜の木も切られていたりで、確実に変化をしていました。

当時は一体未来にどんな自分を思い描いていたのか、そして今、それらで自分ができていないものは何なのか?

今もしも当時の自分と話ができたとしたら「そんなに甘くはないけども、進むことを諦めなければ大丈夫、必要なのは情熱だけかな?」と言っていると思う。

結局ある程度生きていると、失敗の方が多いんですよね、人生なんてものは。

その一方で、自分の中で変わらないで今も持っているものは何なのか?

2つだけが残りました。

そうやって、かれこれ15年も訪れていなかった自分の東京の原点を見て、歩いて、自分の進む先の整理ができました。

当時置き忘れた何かを取りに帰った、そんな感じ。

意外と戻るって大事な作業だなと再実感。。。。。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA