分かったこと

このあいだ書いたように、飲酒を2ヶ月間完全にストップし、そこから一週間再び飲酒をしてどうなるのかを実験してみました。

明確に肝臓が腫れます。っで、胆嚢もパンパンになります。

わずか一週間でです。

やっぱり飲酒は肝臓の再生能力に合わせた飲み方が大事なようです。

そしてそれは、殆どすべての人で連日飲酒はダメですね。

アルコールの中でも、良いアルコールと悪いアルコールがありますが、そもそも分解されれば成分は極論同じになりますから、良いアルコールだから大丈夫なわけではないと思います。

ストレス解消に一役かっているという意見、確かにそこは大事です。

が、ストレス解消ってやつは、毎日同じことだと解消度合いは大幅に減少します。むしろ同じ刺激は脳にとってはストレスそのもの。

なので、今度は連日ではなく、2日に一度に変えてみます。

勿論ここから少し完全断酒してからの話です(綺麗にしてからでないと)。

これで、一体自分の体は何日空ければ体に負担をかけないのか、またはその量を知ることが出来るわけです。

っで、話題は変わって、今日夜にスーパーへ行って冷凍食品を眺めていたら、外袋に「後を引く辛さ!」と書かれあるのを見つけました。

2~3分冷凍庫の前で考えてしまいましたよ。

それって良いことなの?という部分について。

例えば、「後を引く甘さ」って嫌われるじゃないですか?甘いケーキなのに、食べてから「甘すぎなくておいしい!」とか、誉め言葉で使いますし。

他にも、後を引く苦さ!もダメでしょ?

要するに、しつこい辛さってことなの??

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA