変な症状

なんか最近の流行りなのか、腰が痛いと言っていらして、さて何処が痛いのかと聞いてみると、右のお尻の尾骨に近いところが痛いという。

何だろね?

一応、医学的にはここの部分の自律神経支配は「膀胱、卵巣、子宮、前立腺、直腸」あたりになります。

ま、どこに痛みがあっても私にとっては平常運転なんですけども、そんなところが痛いって可哀想ですよね。

なんて思っていたら、その日の夜の帰宅時に歩いていると「何だがお尻が痛い・・・・尾骨付近・・・同じだ」という感じで久しぶりに移ってしまった。

そしてその翌日、急遽「腰が痛い」といらした方が「腰というかお尻のところが痛い」というので、どれどれと聞いてみると、またまた同じところで同じ側。

コロナの感染者数が増えていますが、私的にこちらの方が絶賛流行中。

こういうのはたまにあるんですけど、私自身の場合は次の日には忘れた様に治っている事が多いので、それ程気にはなりませんが、他の人はそうはいきませんし。

おそらく、同じ事を考えていれば、同じような電波みたいなのが発生して、同調的に働くことってあるんだと思いますよ。

あ、そうだ、ここで覚えていて欲しいのは、痛みの出る場所の神経支配臓器は、そこが悪いという意味合にはなるのですが、意外と多いのがそこに関連したストレス。

例えば、どうしてもトイレに行きたいのに、状況的に行くことが許されずに我慢をしたとか、子宮卵巣前立腺で多いのは、異性に対するストレス。もしくは、女性の場合は生理周期、または男女で負の思考で生殖行為を行った。

だから、例えばSMなんて辞めたらいいと思うんですけどもね。どうせならピカチュウの着ぐるみを着るくらいにして。

なんでダメなのかというのを深掘りすると、ものすご~く長くなりますので、一言で辞めておきます。

負の感情、もしくはトラウマ的なエネルギーがSMのエネルギー源になるんです。そして前にも書いたように、トラウマのエネルギーはタイムスリップしてしまうから、無限に湧き出てきますので、繰り返し繰り返し、例え犯罪になってもその選択肢を選ぶ・・・。

って、ことで、殆どの場合、身体の症状は後に出るものです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA