花粉症

世の中では花粉の飛散が多いらしいですね。

花粉症の方にとっては、多大な不快を伴うわけで、つまりは脳にとってはストレスそのもの。

ストレスは、相対的に身体の痛みを増大させてしまいますので、たかが花粉とも言っていられません。

侮るなかれ、腰痛が酷くなったとか、肩こりがちょっと・・なんていうのは、細かな部位の原因よりも、大きなストレスによるものかも知れません。

たまに健康マニアの人で、それも必要な経過だという方がおりますが、私はそうは思いません。人それぞれにある規定量以上の取り込みは、それもストレスそのものになりますから反対です。

健康のために多く取り込みました、脳や身体にはストレスになっていました、最後はガンになりました。では、何のための健康追求なのかは分かりませんからね。

だから、たまに酷い痛みの方がいらした時に「体に悪いので我慢して痛み止めを飲みません」という方がおられますが、自然治癒を強力に働かせるためには、まず第一前提として、ストレス値が限界値以下であることも重要なんです。

痛み止めを飲まないに越したことはありません。しかし、限界値を超えている状態ではその方が全体性として健康を損なう場合もあるのです。

ただ、一言付け加えておくと、殆どの方は、限界値以下でも常習的に飲んでしまっている状態です。これについては異論はありです。

さて、先日ご紹介したように、私のオフィスでは花粉対策で「Turned K」を設置してみました。

一週間使ってみた感じとしては「あれ?そういえば一週間、全く花粉の痒さを感じていない」という素晴らしさ。

飛散している花粉の種類が変わったの?というくらいの変化です。

なんだ、もっと早く買っておけばよかった。。。

そもそもこれが注目されているのは、ウィルス除去の機能なんですけども、ここまで花粉に効果があるとは思いませんでしたね。今のところ、空気清浄機よりも相当良い感じがします。

この商品の説明にもあるように、根本的には「有機体の分解」を目的にしているので、結局ウィルスでも花粉でもダニでも同じことではありますが。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA