PCに時間を費やす日々

ここのところPCにずっと悩まされています。

前にも書いた、計測器用のPCがメーカーを選んでしまって、その上更にWindows7の32bitのみ。

昨今、WindowsのOSは7がサポート終了で、10にバージョンアップされています。つまりサポート切れで7を使うということ。

切れたからといって、PCが使えなくなるわけではないのですが、一番困るのが、今後Windows7が使えるPCがどんどん無くなってくるというところ。

単にインストールをしたら使えるでしょ的な感じではないのです。

どうも、CPUがSkylake Coreまでという話もあって、CPUはどんどん進化していってしまうので、過去のものはポイ捨てになります。

そこで、今うちにでHDDだけでも複数取っておこうと、今ある私が所有するPCのHDDを完全クローン化してしまう作業に入っています。

ちなみにこの計測器、日本で使っている人はかなり少ないので「みなさんどうしてます?」みたいな相談もできず・・・。

っで、Windowsのデスクトップだと、私、結構持っていて、全部でオフィスと自宅で計5台あるんです。殆ど自宅のメインPCはWindowsで、オフィスはMacbookで2台しか使っていませんが。

MACユーザが一番楽なのは、全てAppleのPCですので、データー移行もとくに言語が変わりませんから、それこそタイムマシーンでバックアップを取っておけば、いつでもどのMACにでも移行ができます。

しかし、Wiondowsは様々なメーカーのPCがあり、そしてその1PCに対してOSの1ライセンスが与えられています。例えばPCが壊れましたとなった場合、基本的にWindowsのライセンスはそこで終わりというわけなのです。

厳密には、マザーボードとライセンスがネット回線で紐づけられているらしく、例えばHDDが破損したとしても、再インストールで交換は可能なのですが。

っで、この再インストールが面倒。

実際に一台一台作業をしているのですが、立ち上げてみると、ドライバが結構不足していて、LANが不能になったり、なんでか、再インストールでWindows7から10へライセンス認証が出来なかったり(再インストールだと販売当時のwindows7に戻ってしまう)。

もうそんなことをやっていたら、帰りは最終電車ですよ。

結局、もう面倒なので諦めました。

だた、写真に載せた、PC無しで完全コピーができるやつは結構便利でした。クローン化ですので、HDDもSSDも全てそのまま同じデーターになります。

そっくりそのままHDDを入れ替えるだけで普通に使える。

しかもお値段は3980円也。

それ以外にも、USB接続でPCと繋げますので、裸のHDDがデーター用保存ディスクに早変わり。なので、これらの使わなくなったPCのHDDだけ取り出して、データー保管用にすることに決定。

あとは、障害をお持ちの方々の職業支援になるとかで、PC回収業者に宅急便で廃棄として送ります。

これにて完全決着。

疲れた。。。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA