2021年2月

1/2ページ

習い事

この間お母さんの様に面倒を見てくれていた猫が亡くなってから、遊んでくれる相手がいなくなって寂しいんじゃないのか?と勝手に想像。 そしたら今日、荒々しく遊ぶ姿が動画で送られてきた。 なんだか遊び方が亡くなった猫と同じ様な感じの遊び方。ただし決定的な違いがあって、ぶっ壊し系の荒さ! きっと見ながら遊び方の概念を学んでいたのだろうが、力加減まではまねできないご様子で・・・。

間違えのドミノ

アレやソレというように、結構曖昧な割に自信満々に人に教えるのって見かけたことありませんか? レッテル主義というのか、適当に頭の中で部類分けBOXに入れ、そのものの真実はともかく、部類分けBOXに貼られたシールで答える人。 私のオフィスは通りに面しているので、通る人の話し声が聞こえます。この間も、男女の2人が前を通った時に、女性が私の店舗を指さし「何のお店?」と言い、隣にいた男性が大きな声で自信満々 […]

人に問う必要なし

昨今、こんな感じの世の中ですから、「先生はワクチン注射をやりますか?」とかなりの頻度で聞かれます。 何やら「安全性の不安」「長期的では体に害になる」「自分の体で免疫を獲得すべし」「陰謀論」など、様々な意見があって迷われるのだとか。 自分のお好きになさりなさい。 そもそもどんな情報を持ってたとしても、こればかりは正解がないし、誰もその選択が裏目に出たとして、責任など取ってはくれません。それこそ、打た […]

耳かき

耳かきって皆さんはどれくらいの頻度でやります? 私はおおよそ一ヶ月に1~2回程度で、爪切り頻度よりもやや少なめという感じだと思います(正確に数えたことが無い)。 先日、長年使っている耳かきが壊れてしまって、Amazonで買おうかな?と探してみたら、今の耳かきって凄いですね! ネジネジ式のは持っているのですが、まさかスコープ式でスマホに映し出して使えることになっているなんて知りませんでした。 見る必 […]

苦手

暖かい1日でした。久しぶりに六本木に人が多く出ているような気がします。 個人的には花粉のせいか、なんだか目が痒い感じがしますが、やはり晴れているというだけでも、まるで花のように心が開いた感じになります。 暫くぶりに外を歩いてみると、やはりお店があちらこちらでテナント募集で閉店していました。その他、全く変わらないところ、多くの借り入れで繋いだところと様々あると思います。 みんな必死。 さて、私、記念 […]

今更感あり

なんか、鳥インフルエンザが「鳥」→「人」感染が確認されたようですね。時間の問題ではあるにせよ、何せ致死率が高いので、次のステージでもある「人」→「人」が起こらないことを願うばかりです。感染力がどの程度のものか気になるところですが、これも今現在は低くても、当然将来的には変異しますからね。 あと、ニュースにはなっていませんが、先日私が1000万円まで行くと言った、ビットコインも今日は軽く600万円を超 […]

取り込みが出来ないCD

最近のCDは、自分のPC等に取り込むことが多いですよね。これは個人で楽しむ範囲であれば、なんら法を侵すものではありません。 なので、昔によくあった、CCCDと呼ばれるコピーガード機能が入っていません。 っが、たまにあるんですよね〜。CDをドライブに入れて、読み込みが始まるかと思ったら「カタカタカタカタ….」と永久に鳴りっぱなしで取り込みが始まらないのが。 仕方がない、何回やっても無理そ […]

差ってあるの?

なんだか世の中は、パンケーキかタピオカか差別か蔑視かというブームなんですか?どれもそれほど美味しいものではない。 いや、まぁ人間社会の発展では区分けの平等性は大事な工程なのかも知れませんけども、私は全く興味がないんですよね。 根本的に私、衝撃の告白をさせて頂きますと、自分が「男」という確証もないし「女」という確証も持っていないのです。 だからね、皆さんは胸を張って男や女の方向性から話せて凄いな~っ […]

突っ切るでしょう

日本の株価が30年以来の高騰ということですが、そもそもアメリカのダウ平均は過去最高値をズ〜っと更新し続けていましたからね。 大方報道では、バブル期を超えることはないという意見が多いようですが、ほとんどのテレビの解説員の方は根本が間違っています。 今は、ワクチン期待でも、景気回復期待でもなんでもなく、世界中で大量にばら撒いたお金の行き先が金融商品に向かっているだけのことで、もはや暴走モードなんですが […]

自然の摂理

↑一度しか袖を通していない私のセーターがやられた時の写真 この気圧の変動、なんか嫌だな~と頭の片隅で思っていたが、一匹の猫が旅立ってしまった。ちょうど一つ前の記事を投稿した後のことだった。 瞳孔散大というのは聞いていたが、もはや治療の術もなく。 この子、ことごとく新入りをよく面倒を見てくれていて、最初はおとなしく、しかしすぐに荒くれ者になったコイツ↓も、小さな時から分け隔てなくよく面倒を見てくれて […]