不思議な思考の国家なり

なんか夜のお店がさみしいなと思ったら、飲食店が時短営業だとのこと。

なるほど。それで協力金の6万円が貰えるので、営業補償を貰う所が多いんですね。仮に600円の定食なんていうのがあったら、100皿分の売上が貰えるようなもので。

それに、食材代や水道光熱費も掛からないわけですから、原価で6万円と考えれば1,000円程度の注文を100人分くらいになるのかな?

飲食が大変なのはもちろん承知はしてはおりますが、ちょっと不思議な発想だなと思ったので、言い難いことではありますが、せっかくなので言ってしまおうかと・・・。

方向性、逆じゃない??

っていうのは、今回の飲食店を時短にさせる大義名分は「会食などでの感染ルートが多い」ということからですよね?

感染割合が低い業種って、結構頑張っていると評価してもよろしいのでは?

経済を回したいというのなら、感染し難い向いている業種にお金を付けて、どんどん稼いでもらった方がいいんじゃないかと。。。

時短で・・・なんて騒いでいますが、以前から自己努力で営業時間を潰して1時間閉店し、消毒作業の徹底に充てて感染者を出していない所もありますよ。

そういう所に補助はしないと。

補助があれば、例えば「当美術館は予約制の人数制限で全員にN95のマスクを配布し館内は必ずお着け頂いております」とか、今の入館料ではできなくても、使用目的の付いた予算さへ貰えば、何でもやれちゃうんですけどね。美術品もクシャミとかで汚れなくて済むし。

○○交通はタクシー乗務員がすべてN95マスクを着けています。とか。お金か物があればできるんですよ。

誰に言われるでもなしに、自助努力が出来るお店や得意な業種、そもそも向いている所に経済を回してもらう方が、なんか効率的なような気がするのですが。

税収が上がらない事には、弱い業種へ補助も出来なくなる。

私の発想が変なのかな?

それこそウィズコロナというのなら、そういう徹底できる業種がドンドン収益を上げられるような社会にしないと、今後また感染拡大とか、10年後とかに新しいウィルスが流行したら、これ、同じことをやるのかな。消費税30~40%にしても回らないんじゃ・・・・。

なんか、穴が開いた器の補修で大変なのはわかるけども、下ばかり見ないでお空でも見上げてみたら?と思うんですよね。

漏れない器に汲んで貰ったら?ってね。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA