もしかしたら・・・・

もしかしたら・・・・

かれこれ3年半が経ちましたが、拾った黒猫の居た場所から1キロくらい離れた場所に、3匹の黒猫家族がいることが判明。

もしかしたら・・・。

うれしい反面、この寒い外で暮らしているとなると、なんだか複雑な気持ちになります。

一匹は片目が潰れてしまっているのですが、うちのは毎日腹を見せて暖かいところで一日中ひっくり返って寝ていますからね。

確証は無いのですが、調べようと思ったらDNA鑑定も民間でやれるみたいですが・・・。

ま、分からない方が良いという事もあるのかな?仮に家族だったとして、「助けられてよかったね」と、この猫家族も思ってくれている。と、私の都合ばかりなのですが。

こういうの、考え始めると眠れなくなってしまいますよね。私のように適当に生きている人間だと、ただただ少しでも暖かいところで、少しでもお腹を空かせることなく天命を全うできればと・・しか、考えが浮かびません。

または、まさかの「その構想デカ過ぎない!?」という秘策もあるか・・・・。

猫党秘密結社メンバー募る。