プレゼント

ここのところ、オフィスを引っ越したばかりで、ありがたいことに、何人かが「引越し祝い」と称してお気遣いをくださる。

一番人気は「お酒」です。

お花や植物というのもありますけどもね。

先日頂いたのは、写真左にある苔の植物。

水を切らさないでということで、早速あげてみたら、凄い勢いで吸引しました。ダイソン以上。乾燥する時期ですから気を付けねば。

っで、先日はもう一つ、大学の先生なんですけども、「今日は先生にプレゼントがあるんです」と仰る。

え〜嬉しい!

「先生、お好きかと思って」と仰るので、勝手に「お酒かな?」という想像が頭の中をよぎる。

っが、出てきたのが予想外の研究会冊子!!

さすが先生!

3度の飯よりも学問!

ちょうど写真にある苔の前にあるやつがそれです。

もちろんこの先生の研究内容も取り上げられております。

早速拝読させて頂きましたが、内容も様々で、医療と看護とスピリチュアリティーとか、スピリチュアリティーと健康についてとか、ま、全体的に無数にある思想や信仰の中で、幸福をどの様に紐解き、社会に生かすのかという内容のもの。

私は勉強が苦手ですので詳しいことは分かりませんが、ある心理学者の論理を当て嵌めると、おおよそがその通り。しかし、ある精神学者の意見を当て嵌める?と矛盾が生じる。

そんなことは実は日常茶飯事なのですが、私の意見は後者の方なので、研究内容の視点とは違った眺め方で本を読ませて頂きました。

っで、この表紙は何の絵だ?と思いながら、先日帰宅の前にサラッと読んでオフィスを後にしたのですが、帰宅途中にあるクリスマスツリーの下で遊んでいる一人のお子さんがいました。

その子が天井を見ながら、ぐるぐると体を回転させていて、一体何をしているのかと私も天井を見ると、「あ、あった」子供ナイス。

写真なので分かりにくいですが、この模様は、中心の惑星らしき球体が回っていて、それから発する光が天井の模様を楕円形に不規則に動かす。

ブラックホールの周りを渦巻き状に回転する無数の銀河のような感じ。

ま、確かに、精神活動と宇宙の動きというのは習性が似ているのですが、もしかしたら天体望遠鏡がまだ発達していなかった時代に、あのアインシュタインが重力波の存在を発表できたのは、宇宙とそこから発生した人間、そして人間と精神活動は宇宙であるという観点から、ミクロでもある人間の精神構造を形として映し出して理解していたからではないかな?と思った。

全ての法則は地球どころか、宇宙の中でも同じである。だからこそ宇宙でも数学が使えるという、シンプルな所から、ミクロをマクロにそのまま投影していたっていう線です。


このブログサイトの欠点なのですが、スマホで見る方は、横にして見ないと写真が縦長になってしまいますのでご注意を。

PCに合わせれば写真は小さくなってしまうし面倒だ。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA