匂い

匂い

最近自分で部屋のパーテーションを作っていて、木材の匂いが気に入ってしまった。

普通に買った木材というのは、殆どが白くて綺麗なものなのですが、使ってもいないクセに色だったり、使用感だったりを求めてしまいます。

そこで、雰囲気を出すために「BRIWAX」という、木材に塗るステイン入りワックスを購入。

これを全体に塗布することで、WAXと共に味が出るという目論見。

使用してみた感想は、見た目は去る事ながら匂いがいい。

鉱物系の匂いで、何となく灯油やガソリンとも違った、鼻の奥にあたる匂い。

本来は見た目の部分を重要視して使用するものが、むしろこれは匂いがクセになる。

まだ、内装が終わっておらず、明日また新しい木材が到着することになっている。

足が自由に動けばササっとできてしまうのかもしれないけども、その分時間を掛けてじっくりと匂いを嗅ぎながらやっている。

そういえば、最近凄いなと思ったのはApplewatchの察知能力。

松葉杖を使って歩いていると、手首でApplewatchが振動する。

着信か?と思って見てみると下のような見たことのない記録が。

エリプティカルワークアウト???

ドラえもんの道具の名前か?と思って調べてみると、何やらフィットネスジム等にある、有酸素用の運動器械だそうだ。

つまり、松葉杖によって、歩行とは違う動きをしていることを認識し「この人はジムのエリプティカルワークをしている」と判断したらしい。

いや、実は最近気が付いたのだけど、足が不自由だと「ペンギン歩き」が一番早く歩けて、そして安定感があるという現実。

なる程、ペンギンはわざとあんな歩き方をしているわけではなくて、発達していない足首や膝、股間節構造において、転びずらい歩き方をしているわけだ。

この動きをApplewatchが「この人ジムで運動中」と認識。

ただ、ペンギン歩きは人に見られると「いい年して何をしているんだ」と、結構気まずいので、一人の時だけしかできないのは難点。