ちょっと進歩

ちょっと進歩

今日は足の治り具合と骨折面がズレていないかのチェックの日。

いつものレントゲン技師さんが‘「お酒は飲みますか?」と聞くので「はい」と答えると、「骨折している所、飲んだらめっちゃ痛くないですか?」と言う。

そんなに気になったことはないかな?

このレントゲン技師さんは、過去に足首を骨折したことがあるらしいのですが、何やらその時に酒を呑んだら、血管が拡張したことで痛みが強くなったのだとか。

話に乗ってあげられなかった私の気遣いが足りなかったのか、何を当たり前な事を言っているのかと、「だから骨折をしたら酒はダメだって言われてるんじゃ?」とそのまま返答してしまいました。

レントゲン技師さんが「ま、そうなんですけどもね」と言っておしまい。

しまった、この方は私にはそういう知識が全くなくて、「あるある話」をしてくれていたのだと後から気が付きました。

肝心の足の方は、やや折れた空間に白い影がもやもやと見え、ほんの少し修復が始まっている様子。

ただ、先生いわく、「まだ誰がどう見ても折れてますというレントゲン像ですけどもね。まだ2週間半ですから仕方がないですよ。」とのこと。

長いな。治るまでの道のり。