電波

NO IMAGE

久しぶりにカメラで写真を撮りました。

紅葉の話がちらほらと聞こえますが、関東はまだ北の方(日光とか)だけですよね。とは言ってももう11月ですか(このブログサイトの欠点なんですけども、写真の画像が綺麗にアップされないというジレンマが )。

なんか携帯電話の料金を下げろと政府が携帯各社に半ば命令している様ですね。

日本には沢山の電波がありますが、携帯電話の周波帯を用意して、それで儲けさせてやっているのはお国のお陰だぞという感じ。

消費者目線では嬉しい限りではありますが。

昔に、ラジコンのヘリで混線するのは困るからということで、その周波帯を独占的に使える様にした人と仲良くしていましたが、「あれはね、議員に餌を撒いて、うまく使えば良いだけなの。」と言っていました。なんだか議員の実名も言っていましたが、結構な方だったので都合よく忘れてしまいました。

当時は私はあまり興味もなく、御馳走してもらっていたカツ丼に喰らい付いて、テキトーに話を聞いていましたが。

でもね、結局昔はやろうと思えば、やり方は何通りかあって、その何かの方法を選べたんです。あとはそこを突破するためにどうするかということだけ。

今は、アレもダメでコレもダメと規制だらけ。何も動かせなくなってしまったのが現実。

いわゆる「忖度」をして、変えられる権力者に間接的に群がる人が出てくるのもわかる様な気がします。

そうしないと動かないんですからね。

これが良いのか悪いのかは不明ですが、少なくとも昔よりもタチが悪くなっているような気がしますが。

中国あたりなら、大体カネを使えばなんとかなる。こういうところは時代の一時であっても、簡単に伸びますよね。医学の実験だって、倫理だなんだというのは規制がある国だけの話。

去年でしたっけ、中国が猿の首から上を他の猿と入れ替える実験を行っていたのは。

敵わないですよね、規制だらけの国ではそんなことをやるには、とてつもない根回しと許可が必要ですから。

製薬系のラボをやっていた人に伺ったことがありますが、今や試験用のマウス一匹でも報告しなければならないみたいですよ。