分かってはいたけども

分かってはいたけども

今日は23年生きた真っ白な毛色の猫が亡くなった。

年数の問題ではないのだけど、自分の人生の半分よりも更にそれ以上生きていたと考えると、単純に凄いなと思った。

野良出身。

この間、最後になるかも知れないという事で、東京へ帰宅する前に触ったのが最後。もう少しだけ・・・という人間のエゴ。

やはり毎回のことながら、何とも言葉にできない、自分のどこかにポッカリと穴が空いた気分。

人間は忘れやすい生き物だから、またこうやって日々の流れで徐々に居ないことに慣れてゆくのだと思う。