もはや昔の人

もはや昔の人

インターネット社会はもとより、昨今のコロナ禍で宅急便やその他配達業務の需要が高くなっているようです。

一方で配達員さんの仕事の量も増えているのが実情で、これこそ働き方を変えて効率化してゆかなければ持続不能な仕事。

ここ最近は、私の自宅マンションでは、手渡しを省いています。一階のオートロックを開錠するときだけ「ピンポン」を鳴らし、個別の玄関の横に勝手に置いておくという方法。

とくに高額商品でなければ問題ないのですが、ついいつもの習慣で、「時間指定しているのにまだ来ない、不在表でいいや」と思って外出のために玄関を出ると「真横にド~ン」と置いてある。

なんだそういう事かということが度々あります。

ただ、今回の件以前から、何故か常態化している「ゆうぱっくのクール便を玄関横にド~ン」ってやつは、いまだに帰宅して焦りますけどね。

話は変わって、表参道駅から外苑方面裏手にある、北青山のアパートがほとんど解体されました。

写真は4年程前のものですが、この風景はもはや写真で残っているのが貴重な時代も来るのかな?

既に半分はタワマンが建っていますが、残りは何になるのだろう。

そして猫たちは今はどこへ行ったのか。

変化とともに、自分も同じく変化してゆかなくては、時代について行けなくなってしまいますね。