2020年5月

1/2ページ

誇りまみれのノート

今日は断捨離を決行。 いるものも捨ててしまうが、どうしても必要なものだけ残しておく。 しょうがないよね、いつかはやらなくてはならないんだし。 っで、写真のノートは私のもの・・・というのはウソで、かれこれ8~9年近く前になるかな?中学生の不登校の娘さんで悩む親からの相談で発展。 この方、ちょっと東京都からは離れたところの方で、わざわざ平日にその娘さんをお連れになられたことから始まりました。 当然親は […]

PCのヘタリ

かれこれ5年近く使ってきた、自宅用のデスクトップPCが、何だか最近起動が遅いな~とは思っていた。 ま、その程度の話で終わっていれば経年劣化(6年使用)なんですが、今度は起動中にフリーズしてしまうようになってきた。 ちなみに電源ボタンで強制終了&再起動をすれば、通常通りに起動する。 ま、使えなくもないが、中身が消えてしまったら厄介なので、ここは仕方がない、リカバリではなくて新しいPCと入れ替えること […]

新たなフェティシズム

何やら傾いている?と思う方はサイフォン式が見慣れない方です。 最初はこうやって傾けておきます。 沸騰してきたら、上部の傾けていた部分をドッキングさせます。 理由としては、最初から密閉してしまうと、沸騰爆発を起こしてしまうことがあるらしいのです。しかし私はそう言った経験はありませんので、むしろ蒸気で珈琲が湿ってしまうのが嫌で、沸騰し始めるまでは上を開けておきます。 ご覧の様に沸騰し始めると、少しずつ […]

誹謗中傷

ここ最近天気が悪く、気温も低い状態が続いていた東京。 今日は、久しぶりに気温が上がって、地元の商店街は凄い人出でした。 確かに一日の新型コロナの感染者数は明らかに減少していますからね。 ともなれば、そろそろ東京都が要請しているお店の営業自粛が徐々に解除されてくるわけですが、それにしても、いまだに自粛警察なるものが居ることには驚きました。 もはや誹謗中傷のレベルです。 私はね、当然言論の自由というの […]

珈琲

最近は時間があるので珈琲を自分で落として飲んでいます。 オフィスではドリップの濾過式で、自宅ではサイフォン式です。 いつしか美味しい珈琲を入れてくださるお店の店主さんに、「ドリップとサイフォンのどちらが良いですか?」と伺ったら、若い時はいろいろやったけども、ドリップが一番コントロールしやすいとおっしゃっていました。 確かにドリップはお湯の回し方や、蒸し具合によって、えぐみや濃さなどが変化しますので […]

また来た

正直あまり欲しくはないマスクがまた届きました。 先月には自宅の方に届いていたのですが、今度はオフィスの方に。これって住民登録を参考に送られているんじゃなくて? ちなみに私のオフィスは住民登録は一切ありません。 結局2回受取ったことに・・・一人で4枚も・・。 嫌がらせだとは誰も言っていませんよ?ただ、使わないかも。 だからといって寄付するにしても、もはやケチがついてしまったものですからね。それを人に […]

外科系

この間、いつもいらしている年配者の方が、ご予約の時間になってもなかなかお見えにならなかった。 10分位過ぎた頃、一本の電話が・・・。 察する通りこのかたからの電話。 「1週間くらい前に自宅でつまずいて転んでしまって、それから歩くのが大変になりました。1時間位遅れますが大丈夫でしょうか?」とのこと。 まぁ所詮暇だし「全く問題はありません」と返答。 その後、一時間を過ぎて遅れてお見えになりました。 扉 […]

一律って大変

この間、郵便局へ行って「ゆうパック」の送る荷物を持って、伝票に住所を書いていました。 「お届け日」という欄があるじゃないですか、伝票に。 ま、宅急便などでも問題になっているように、不在だと配達員さんが二度手間で大変だし、何よりも配達のために、排気ガスやCo2が排出されますので、居ないのが分かっているのに行くのって、2倍無駄じゃないですか。 ですので、スマホで大体の到着日を調べ、送り状には「5月14 […]

ひとつお願いが

先日から自宅は冷房を入れるようになりました。洗濯物なんて干してしまったら、部屋の湿度が上がり、寝ていてもちょっと寝苦しい感じがあります。 いつの間にかそういう季節ですか。 っで、今日は世論を見ていてちょっと気になる事と、願わくば世論の最小単位でもある皆さま一人一人が私と同じ疑問を感じていて、それを話題にして頂ければ少しは世論は変わるのかな?と思ってブログの題名「おねがい」としました。 私は医学とは […]

糠漬け

暖かくなってきたこともあり、糠床が元気に育ちました。 本来この容器の八分目までの量でしたが、少し目を離すと蓋を押し上げて膨らんで「こんにちわ」しています。 菌の力って凄いです! ネットで調べてみたら、糠床が痛んできたときの対処法が載っていました。 簡単なのは「ビオフェルミン錠剤」を一錠糠に埋め込むこと。 それだけで糠床が回復するらしいです。 つまりは、最良な腸内環境と糠床の状態が同じであるというこ […]