大切なこと

大切なこと

そういえば、結構前だったと思うけども、とある報道番組で、新型コロナにおける「不安との向き合いかた」についてやっていた。

これまた批判を覚悟でハッキリ申し上げると、上記の行動はまったく問題はない。それどころか「どんどんあった方が健全」なのだ。

子供の反応は精神的なトラウマを形成しないように、仮に心に傷を負っても、最小限のダメージでそれを逃がすように、完璧に計算しつくされた能力を兼ね備えて表現を行う。

この過程の中で、差し当たり問題があるとしたら、それは大人が不自然な動きに介入をすることくらいしかない。

フォローはすべき。しかし、何かをするな。

大人はいつも知ったかぶりで余計な事をする。

仮に誰かが正しいと言っていたとしても、大人に出来ることは、おおよそ短期的にしかメリットはない。

これは大自然に対しても同じ事が言える。

余計に手出ししたことは元通りに戻すことは難しい。でも、自然に起こったことは自然という力が解決の力として作用してくれる。

もしも大人で心に傷を負ったという人がいたら、子供の遊びを思い出そう。