対策の対策

対策の対策

何かに対策を取って勝とうとすると、結局その対策に対策を取られてしまうのが世の常。だとしたら、対策の対策の対策を取れば良いのだが、この繰り返しの行き着くところは、極限のところでは結局2択になってしまうものです。

勝負ごとですからこれは仕方がない事ですが、負けの方が勝よりも根に持つ習性がありますし、痛みを伴います。つまり厳密には「2択」を選ぶときは、思考習性の観点から言って「2択だが勝つ確率が50%の半々にならない」という事です。

負けの記憶が多ければ多いほど、その時に思った逆の選択肢を選んでしまう。

じゃあどうやって判断すれば良いのかという疑問が湧いてきます。私の場合はとても簡単な方法で「今置かれている状況を一切排除して勝負を始める一番最初に感じた選択肢を選ぶ」という事。それで負けたら自分が負けたという結果だけ受け止める。仮にその逆に逆にと選んで勝ったとしても、それは自分以外でも結論は勝てたわけで。

自分がどちらにしようか迷うということは、相手も当然迷っている可能性が高いはず。つまりこの場合、自分が迷うのではなく、相手に好きなだけ迷ってもらえば、その分相手こ負けの記憶が能力を自動的に下げてくれる。

ビギナーズラックというのは、負の記憶がないので、実は全てが王道の選択肢しか選ばないんですよね。経験を積んだ人間の方が「負けの記憶」と「勝ちの記憶」をクリアにできず、無駄な勲章のように自慢げに溜め込み、これが勝敗の確率にバイアスを作り出す。

だからこそ、勝負事は勝っても負けてもキッパリ結論が出たら、そこから先の未来に持ち越さない。これができる人とできない人の勝率は雲泥の差になるわけです。

本来、スポーツってそういうものだと思うのですが、勝ち負けが数字でハッキリ出ますから、そこの結果を称えるのみ。だからスポーツ観戦というものは一喜一憂して楽しむものだと思いますし、にわかファンが増えるのもそのためだと思います。

ストレスを持ち越さない分、スポーツ観戦はストレス解消にもなるのかもしれません。大体にして、勝った負けたと一憂しても、数日経てばそんなことはどうでもよくなるわけですから。

なぜ負けたのか反省しなさいなんて単なる感情論。好きですよね?日本の指導者はこういう考え。反省なんてする必要もない。何故ならば結果は遡って変える事は出来ないのだから、それよりも、自分に足りないものへの気付きに素直になる事が主じゃないでしょうか?